桑の樹の枝の天蓋の内

帰り道

桑の樹縁起

桑下の譚

駆ける先の夢
【概要】
帰り道・桑の樹縁起・桑下の譚・駆ける先の夢、の4章構成。

筵を編み、草鞋を売って糊口をしのぐ少年の家には、桑の巨木が生えている。
遠い先祖が植えたその木の懐で、彼は天を仰ぐ。
少年の名は劉備。
小さな出会いをきっかけに、時は動き出した。
400字詰め原稿用紙換算48枚。
時代小説分室>>私文三国志