【史料】孫子の兵法

【あらすじ】
『孫子』(そんし)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。
武経七書の一つ。
古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。
紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。

『孫子』以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為によることを知り、勝利を得るための指針を理論化して、本書で後世に残そうとした。
【本編】

用間篇 十三
  1 / 2 /

九地篇 第十一
  1 / 2 /

地形篇 第十
  1 / 2 /

行軍篇 第九
  1 / 2 /

九變篇 第八
  1 / 2 /

軍爭篇 第七
  1 / 2 /

虚実篇 第六
  1 / 2 /

兵勢篇 第五
  1 / 2 /

軍形篇 第四
  1 / 2 /

謀攻篇 第三
  1 / 2 /

作戦篇 第二
  1 / 2 /

始計篇 第一
  1 / 2 /



[#]TOP
まろやか連載小説 1.41
Copyright Shinkouj Kawori(Gin_oh Megumi)/OhimesamaClub/ All Rights Reserved
このサイト内の文章と画像を許可無く複製・再配布することは、著作権法で禁じられています。