新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  住宅設計のプロが必ず身につける 建築のスケール感
2018年04月21日(Sat)14:22 point 背景画資料資料
住宅設計のプロが必ず身につける 建築のスケール感
住宅設計のプロが必ず身につける 建築のスケール感
中山 繁信 (著), 傳田 剛史 (著), 片岡 菜苗子 (著)
単行本(ソフトカバー): 140ページ
出版社: オーム社 (2018/4/21)

これ一冊で、建築を学ぶために必要な「スケール感」が身につく!
直感的に寸法感覚を掴めるようになる!

建築において最も重要な能力・教養の一つがスケール感といわれています。
設計課題などで学生は講師の先生から「スケール感のない」と言われることも多く、どうやって身につけるものか悩むものです。通常であれば、「物の寸法を測るクセをつける」ことが一番の早道と言われていますが、本書では、本を通して「スケール感を養うことができないか」と思い至り、企画されました。
各種の寸法を暗記するのではなく、物の寸法や長さ・広さを“直感的に掴める"ことが何より大事だと考え、それらのメソッドをイラストで分かりやすく図解しています。

Log 2013年11月 12月 
2014年04月 05月 06月 07月 08月 12月 
2015年01月 02月 04月 10月 11月 12月 
2016年05月 09月 10月 11月 12月 
2017年02月 09月 11月 12月 
2018年02月 03月 04月 10月 11月 
2019年01月 09月 
2020年06月 10月 11月 12月 
2021年01月 07月 
2022年01月 04月 07月 

一覧 / 検索
today yesterday