新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  あいうえおで引けるイラスト略画辞典―英語つき
2011年01月01日(Sat) point 絵の描き方資料

あいうえおで引けるイラスト略画辞典―英語つき
野ばら社編集部 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 野ばら社
発売日 ‏ : ‎ 2003/8/1

動植物や年中行事、身の周りのものなど、さまざまなイラスト略画をあいうえお順に収録。
各イラストには英語名も付す。
遊んで学ぶ楽しい絵の辞典。

point  作家で億は稼げません
2021年11月29日(Mon) point 資料

作家で億は稼げません
吉田 親司 (著)
出版社 ‏ : ‎ エムディエヌコーポレーション
発売日 ‏ : ‎ 2021/11/29

ベストセラーは出せなくとも好きな本を書いて生きていける――

本書は僕のように売れていない作家がレクチャーする「凡才ならではのサバイバル方法」になります。

多くの小説家は悲しいかな「億は稼げません」。
それでも、生涯「作家」という好きな道で生きていくテクニックなら、僕にも教えることができます。
この本が、天賦の才も運も持って生まれてこなかった、僕と似た作家志望者の方々の道しるべになれば、と思っています。

point  世界の名建築解剖図鑑 新装版
2021年07月18日(Sun) point 資料
世界の名建築解剖図鑑 新装版
世界の名建築解剖図鑑 新装版

オーウェン ホプキンス (著), 伏見 唯 (監修, 編集), 藤井 由理 (監修), 小室 沙織 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ エクスナレッジ; 新装版
発売日 ‏ : ‎ 2021/7/18

古代ギリシャから現代の建築までを網羅した、西洋建築のビジュアルガイド完全版!
様式だけでなく、構造やディテール、仕上げなどのさまざまな切り口から、
ヨーロッパを中心とした西洋建築を深く知ることができます。

1章では各建築様式の平面構成やファサード、造作について、
2章では建築をかたちづくる柱やアーチ、素材、形状について、
3章ではより細部に着目し、壁仕上げの種類や模様・装飾、窓や扉、屋根、階段など……
すべて写真や図、イラストをもとに詳細に解説しています。

西洋建築史のテキストとしてはもちろん、観光のための詳細なガイドとして、またイラストやCGの背景用素材としても活用できます。

【目次】
■1章:建築の種類■
古典的な神殿 神殿の正面/正面の形式/柱間/種類/内部空間
中世の大聖堂 西側立面/南側翼廊立面/平面/教会の平面/断面/造作
ルネサンス様式の教会 外観/平面/内観
バロック様式の教会 外観/平面/内観
要塞建築 キープ型/コンセントリック型/外観
カントリーハウスとヴィラ
正面を通りに向けた建物
公共建築
モダンブロック
高層建築

■2章:建築の構造■
柱とピア 種類/古典建築のオーダー/古典建築以外の柱頭
アーチ 構成要素/丸アーチ/尖頭アーチ/そのほかの形状のアーチ/種類
近代的な構造 コンクリート/鉄骨/建物の形態

■3章:建築の細部■
壁と仕上げ 石積み(石材の種類、仕上げ、ルスティカ)/煉瓦(置き方、積み方、モルタル目地、種類)/木材/瓦とタイル/コンクリートとプラスター/ガラス/金属と合成素材/大規模な壁面の造作/仕上げ面の造作/モールディング/装飾豊かな細部
窓と扉 窓の種類/扉の種類/開口部の表現(古典的な開口部、ペディメントの種類、ゴシック様式の開口部)/窓の形状/出窓とバルコニー/屋根窓/扉の形状
屋根 種類/瓦と葺材の種類/切妻屋根(破風の種類)/尖塔(種類)/ドーム(外観、内観、種類)/構造(トラス、ヴォールト、リブヴォールトの種類)
階段とリフト 階段の構成要素/階段の種類/リフトとエスカレーター

用語集

point  一冊でわかる江戸時代
2021年10月27日(Wed) point 資料

一冊でわかる江戸時代
出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社
発売日 ‏ : ‎ 2021/10/27

江戸時代とはいったいどんな時代か。
徳川政権の歩みを、図やイラストを使ってわかりやすく、同時代の世界情勢も含めていねいに。

point  江戸のお勘定
2021年08月06日(Fri) point 資料


江戸のお勘定 (MdN新書)
大石 学 (監修)
出版社 ‏ : ‎ エムディエヌコーポレーション
発売日 ‏ : ‎ 2021/8/6

「それって、いくらだい? 」
かつての時代劇や時代小説と異なり、現在は商人や料理人など市井に暮らす様々な職業の人が主人公のものが多く見られるようになった。
こういった江戸時代を舞台にするストーリーを目や耳にしたさい、江戸っ子たちは何にいくらお金をかけて暮らしていたのだろうかと思ったことはないだろうか。

「長屋の家賃」「寺子屋の学費」といった生活費から「屋台のそば」「居酒屋の飲み代」のような食費に「芝居の入場料」「吉原通い」の娯楽費……。
また、一日に三食食べることや、相撲、歌舞伎といった現代でも人気の興行は、この時代に始まっていた。
メイド喫茶の先祖というべきものまで登場し、江戸っ子に大人気だった。

本書を読めば、前知識のあるなしにかかわらず、現代とは違った江戸時代の金銭感覚について大いに学べ、楽しむことができる。

江戸っ子たちは、何にいくらかけていたか。
現代の貨幣価値で換算すると、江戸の暮らしがもっと身近に感じられる。江戸の物価を知るのにうってつけの一冊となろう。

point  聖なる祭壇のつくりかた 精霊と祝い、飾る、古代ヨーロッパの儀式
2021年08月10日(Tue) point 資料


聖なる祭壇のつくりかた 精霊と祝い、飾る、古代ヨーロッパの儀式
アンジュー・キアナン (著), ダコスタ 吉村 花子 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ グラフィック社
発売日 ‏ : ‎ 2021/8/10

私たちの体を育み、心を満たし、精神からエネルギーを引き出してくれる「聖域」。
その中核をなす「祭壇」を古代ヨーロッパの伝統にならってつくり、願いをかなえ、幸せを呼び込みましょう。


古代ギリシャやローマ、ケルト、北欧など、古代ヨーロッパでは、季節の節目に花や木々、お供え物、折々のシンボルなどを飾る祭壇をつくり、神々や精霊、自然に感謝を表し、大いなる魔力(スピリチュアルな神秘の力)を得てきました。
本書では、いにしえの暦「1年の輪」に沿って、そうした儀式と祭壇のつくりかたを紹介します。

point  フランス伝統料理と地方菓子の事典: 全地方の食文化や歴史、食材、ワイン、チーズの知識から料理・菓子の作り方まで俯瞰して理解できる
2021年08月24日(Tue) point 資料

フランス伝統料理と地方菓子の事典: 全地方の食文化や歴史、食材、ワイン、チーズの知識から料理・菓子の作り方まで俯瞰して理解できる
大森 由紀子 (著)
出版社 ‏ : ‎ 誠文堂新光社
発売日 ‏ : ‎ 2021/8/24

フランスの各地方における伝統料理と郷土菓子の特徴や作り方、さらにその背景となる歴史、食文化、食材、さらにワインやチーズの知識などを1冊にまとめた、今までにはなかった、作ることができる実用性と、見ても読んで参考になる資料性の高い決定版的な書籍です。

フランス料理の本、そしてフランス菓子の本は多数出ていますが、この各地方における料理と菓子のつながりも含めて解説している本はそうはありません。
また同時に、その知識を写真や絵画などを取り入れ、背景や食文化をわかりやすく解説した本も少ないです。

著書である大森由紀子さんは、パリの料理学校「リッツ・エスコフィエ」「ル・コルドン・ブルー」で料理・製菓を学び、さらにフランスの菓子店やレストランで研修を重ねることで、圧倒的な経験値を持つことで有名。
コロナ以前には、毎年のようにフランスの各地方の料理と菓子の現場を訪れ、常に新しい知識も吸収。
その大森氏の長年培った技術と知識という貴重な情報の数々を、このたび1冊の本にまとめることができました!

本書では、フランス全地方を21地方に分け、各々の地方別に伝統的な料理と地方独特の菓子をピックアップしつつ、その歴史や特徴と作り方(レシピ)を紹介した本であると同時に、その各地方ごとの食に関わる歴史や食文化、食材、さらにワインやチーズの知識までを事細かく解説を入れており、まさに各料理や菓子をその歴史を知りながら作ることもできますし、それらの料理や菓子が作られてきた背景を知ることができます。

アルザス地方、ロレーヌ地方、シャンパーニュ-アルデンヌ地方、ノール・パ・ド・カレ地方、ピカルディ―地方、イル・ド・フランス地方、ブルゴーニュ地方、フランシュ・コンテ地方、ローヌ・アルプ地方、オーヴェルニュ地方、プロヴァンス―アルプ―コートダジュール地方、ラングドック―ルシヨン地方、コルシカ島…。
各地方ごとに料理2品、菓子2品の計75品程度のレシピと、各レシピの歴史や周辺知識、地方の食生活や食文化などの知識などを盛りだくさんに紹介しています。

point  素材の知識と表現のすべてをイタリア著名デザイナーが解説 ジュエリーのデザインと描き方
2021年09月17日(Fri) point 資料

素材の知識と表現のすべてをイタリア著名デザイナーが解説 ジュエリーのデザインと描き方
素材の知識と表現のすべてをイタリア著名デザイナーが解説 ジュエリーのデザインと描き方
マヌエーラ・ブラムバッティ (著), コジモ・ヴィンチ (著)
出版社 ‏ : ‎ ホビージャパン (2021/9/17)
発売日 ‏ : ‎ 2021/9/17

ハンドメイド作品やイラスト表現にも役立つ1冊

「ヴェルサーチ」をはじめとしたイタリアの著名ブランドを手掛ける2人のデザイナーが、ジュエリーデザインの基本を解説!
日本ではジュエリーに関する本格的な解説書が多くはありません。そんな中、プロのデザイナーが手掛ける美しいデザイン画を豊富に交えた解説書は、貴重な資料となることでしょう。
ゴールド・プラチナ・シルバーといった貴金属の知識、ブラシ仕上げやサンドブラストといった加工の違い、ダイヤモンドやそのほか宝石のカットの種類、
ネックレスやピアスなど一連のシリーズとして作品を見せるときの考え方など、ジュエリーデザイナーには欠くことのできない実践的な知識を網羅しています。
解説だけにとどまらず、デザイン画を起こす方法や、色鉛筆やマーカーを使った完成画を描くテクニックも紹介しているのが本書の特徴です。
宝石をさまざまにカットすることによる輝き、透明・不透明性などの効果をイラストで表現する力も身につきます。
本格的にジュエリー制作を学ぶ人にはもちろん、ハンドメイド作家やイラストを描く方々にも役立つ1冊です。

point  ミセス・クロウコムに学ぶ ヴィクトリア朝クッキング 男爵家料理人のレシピ帳
2021年08月20日(Fri) point 資料
ミセス・クロウコムに学ぶ ヴィクトリア朝クッキング 男爵家料理人のレシピ帳
ミセス・クロウコムに学ぶ ヴィクトリア朝クッキング 男爵家料理人のレシピ帳
アニー・グレイ (著), アンドリュー・ハン (著), 村上リコ (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ ホビージャパン
発売日 ‏ : ‎ 2021/8/20

欧米でベストセラー!
140年前イギリスに実在した料理人のレシピ本「How to Cook the Victorian Way With Mrs 」(原書) が日本語版で発売!

ミセス・クロウコム(クロコンブ/クロコーム)は、ヴィクトリア時代のイギリスで男爵家の料理長を務めていた実在の人物です。
イギリスの文化を全世界に紹介する企画として、現代の役者がミセス・クロウコムに扮して料理を作る英国発の動画シリーズがスタート。
それが人気を博し、500万回に迫る視聴数を獲得しました。



YouTube動画には日本語訳もつけられており、日本のイギリス史ファンには大きな話題となっています。
その動画が書籍化され欧米でベストセラーに。そして今回、待望の日本語版として翻訳出版されます!

140年の時を経てYouTubeスターとしてよみがえったミセス・クロウコム。
男爵家のお屋敷で彼女が提供していた料理のレシピは手帳に残され、それを子孫が発見して今回の企画に結び付いたという背景も、歴史ファンには魅力的なエピソードです。

レシピは、スープや肉料理のほか、スイーツやデザートまで約100種類。どれも現代のキッチンで再現できるよう調整されています。
また日本語版では「ポンド」「オンス」などの英国の単位を、「グラム」「リットル」などに置き換えています。
ミセス・クロウコムの生涯、ヴィクトリア時代の人々の食文化、当時の貴族の生活など時代背景も分かりやすく解説しており、英国料理と文化に興味のある人にとって必読の一冊です。

point  増補改訂版 ひとり出版社という働きかた
2021年07月14日(Wed) point 資料
増補改訂版 ひとり出版社という働きかた
増補改訂版 ひとり出版社という働きかた
西山 雅子 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社
発売日 ‏ : ‎ 2021/7/14

“小商い“の一形態としても注目を集める小出版社。
独立を志向した9人の、個性豊かな発想とその道のり、奮闘をリアルに綴る。

point  中世の旅 〈新装版〉
2014年11月07日(Fri) point 資料
中世の旅 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
中世の旅 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
ノルベルト オーラー (著), Norbert Ohler (原著), 藤代 幸一 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ 法政大学出版局; 新装版
発売日 ‏ : ‎ 2014/11/7


ガレー船の船底のすえた臭いが立ちのぼる。
凍傷の足の痛みが読者に伝わる。

十字軍の遠征からコロンブスの発見の旅まで、中世一千年間にわたるあらゆる階層の/あらゆる職種の/あらゆる目的の旅のありようを描きつくして、中世世界の実像に迫る。

point  氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか
2021年04月08日(Thu) point 資料
氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか (ちくま新書)
氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか (ちくま新書)
尾脇 秀和 (著)
出版社 : 筑摩書房
発売日 : 2021/4/8

明治新政府の改革が、人々を大混乱に巻き込んでいく──
日本人の名前はこうして創られた

私たちが使う「氏名」の形は昔からの伝統だと思われがちだが、約150年前、明治新政府によって創出されたものだ。
その背景には幕府と朝廷との人名をめぐる認識の齟齬があった。
江戸時代、人名には身分を表示する役割があったが、王政復古を機に予期せぬ形で大混乱の末に破綻。
さらに新政府による場当たり的対応の果てに「氏名」が生まれ、それは国民管理のための道具へと変貌していく。
気鋭の歴史研究者が、「氏名」誕生の歴史から、近世・近代移行期の実像を活写する。

【目次】
第一章 「名前」の一般常識
第二章 「名前」にあらざる「姓名」
第三章 古代を夢みる常識
第四章 揺らぐ常識
第五章 王政復古のはじまり
第六章 名を正した結末
第七章 「氏名」と国民管理

point  誰でもできる コンパスと定規で描く「紋」 UWAEMON
2021年04月27日(Tue) point 資料
誰でもできる コンパスと定規で描く「紋」 UWAEMON
誰でもできる コンパスと定規で描く「紋」 UWAEMON
波戸場 承龍 (著), 波戸場 耀次 (著)
出版社 : 彩図社
発売日 : 2021/4/27

紋は、苗字とは別に代々受け継がれてきた家の印のことです。そのすべてが円と線によって構成されており、そのデザインには、人々の想いや願いが込められています。

「UWAEMON」は、着物に紋を描き入れる紋章上繪師の技術を継承する波戸場承龍が考案した、ご自宅で気軽に家紋を描ける紋描き遊びのことです。

本書では、誰もが簡単に楽しく紋を描けるように、描き方を簡略化し丁寧に解説しました。

水戸黄門の印籠でおなじみの「徳川葵」、豊臣秀吉の「五七の桐」、織田信長の「織田瓜」といった有名どころから、可愛らしい「千鳥」や、おめでたい「光琳鶴」や「光琳亀」など、全部で20の紋を掲載しています。
モチーフについての解説や紋に関する小話も載せました。

紋を描く楽しさ、円と線だけで形ができる不思議さ、長い時を経て洗練されてきたデザインの美しさを、感じていただけると嬉しく思います。

point  世界の美しい廃城・廃教会
2020年11月19日(Thu) point 資料
世界の美しい廃城・廃教会
世界の美しい廃城・廃教会
パイ インターナショナル (編集)
出版社 : パイインターナショナル
発売日 : 2020/11/19

幽寂に佇む美しき遺構たち。その在りし日を偲ぶ。

本書は、世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構を、有名無名を問わず紹介する写真集です。
世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨てられたのかわからない小さな廃教会まで、いわゆる廃墟写真集とは一味違う幽寂の世界をお楽しみください。
朽ち寂れ静かに佇む建造物から、往年の栄華を想像するも良し、ダークファンタジーな世界を夢想するも良し、廃墟ならではの魅力を存分に堪能できる1冊です。

point  シェイクスピア全集 全33巻セット
2021年05月08日(Sat) point 資料おすすめの書籍
シェイクスピア全集 全33巻セット (ちくま文庫)
シェイクスピア全集 全33巻セット (ちくま文庫)
シェイクスピア (著), 松岡 和子 (翻訳)
出版社 : 筑摩書房
発売日 : 2021/5/12

シェイクスピア劇、個人全訳の偉業!
普遍的な魅力を備えた戯曲を、生き生きとした日本語で。
詳細な注、解説、日本での上演年表をつける。
カバー装画・デザイン=安野光雅

千の心を持つシェイクスピアを千の声に訳し分ける。
その声たちが舞台で親しみ合い、争い、口説き、嘆く。
松岡和子の言葉の偉業である。
――池澤夏樹


心の支えとなったのは、「The readiness is all」(覚悟がすべてだ)という『ハムレット』のセリフだった――。
刊行から25年、坪内逍遥、小田島雄志に続く3人目のシェイクスピア劇全37編個人全訳。
(蜷川幸雄演出『彩の国シェイクスピア・シリーズ』翻訳も担当)


全集収録巻
1『ハムレット』数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作 解説/河合祥一郎
2『ロミオとジュリエット』世界で一番ロマンチックな恋愛悲劇 解説/中野春夫
3『マクベス』「運命よ、こうなったら徹底抗戦だ」 解説/中野春夫
4『夏の夜の夢 間違いの喜劇』新たな発見が続々! 解説/河合祥一郎・前沢浩子
5『リア王』「愛は量れるか?」 解説/河合祥一郎
6『十二夜』もつれる片思いの糸が紡ぐ傑作コメディ 解説/前沢浩子
7『リチャード三世』悪の醍醐味を生きた日本語で 解説/中野春夫
8『テンペスト』魔術は果て、罪は赦される 解説/河合祥一郎
9『ウィンザーの陽気な女房たち』無類の酒好き、女好き、太っちょの悪党フォルスタッフ 解説/前沢浩子
10『ヴェニスの商人』お金とセックスの隠喩に満ちた喜劇 解説/中野春夫
11『ペリクリーズ』奇想天外で幸福なおはなし 解説/河合祥一郎
12『タイタス・アンドロニカス』何という運命! 何という悲劇! 凄惨復讐劇 解説/由井哲哉
13『オセロー』嫉妬に狂った末に─。四大悲劇の傑作 解説/中野春夫
14『コリオレイナス』母と子の絆が生んだ悲劇 解説/河合祥一郎
15『お気に召すまま』「一目惚れでなければ恋にあらず」 解説/前沢浩子
16『恋の骨折り損』恋の駆け引き、学べます! 解説/由井哲哉
17『から騒ぎ』思い違いの恋愛喜劇 解説/中野春夫
18『冬物語』「再生」と「和解」のロマンス劇 解説/前沢浩子
19『ヘンリー六世 全三部』これぞ壮大な歴史絵巻 解説/河合祥一郎
20『じゃじゃ馬馴らし』舌戦を繰り広げる軽快な人気喜劇 解説/前沢浩子
21『アントニーとクレオパトラ』帝国の命運をかけた恋は劇的な結末を迎える 解説/由井哲哉
22『シンベリン』スリルと官能のロマンス劇! 解説/前沢浩子
23『トロイラスとクレシダ』トロイ戦争を題材にした恋愛悲劇 解説/中野春夫
24『ヘンリー四世 全二部』軽快な掛け合いが人気の英国史劇 解説/河合祥一郎
25『ジュリアス・シーザー』「お前もか、ブルータス?」 解説/由井哲哉
26『リチャード二世』失墜した弱き国王の悲痛な運命 解説/前沢浩子
27『ヴェローナの二紳士』シェイクスピア初期の恋愛喜劇 解説/中野春夫
28『尺には尺を』矛盾だらけの脆い人間達を描くシリアス・コメディ 解説/井出 新
29『アテネのタイモン』痛烈な人間不信を描く問題作! 解説/清水徹郎
30『ヘンリー五世』戦え、名誉のために! 解説/由井哲哉
31『ヘンリー八世』最強の王、現る。晩年の壮麗な歴史劇 解説/河合祥一郎
32『ジョン王』決断はすべて裏目に。「イングランド史上最悪」の王 解説/中野春夫
33『終わりよければすべてよし』とめどなく刺激的な言葉を繰り出す問題劇 解説/前沢浩子

Log 2009年10月 
2011年01月 
2013年08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 05月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 10月 11月 12月 
2018年03月 04月 05月 06月 09月 12月 
2019年01月 02月 03月 06月 07月 09月 10月 11月 
2020年02月 06月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 

一覧 / 検索