新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  小説は、わかってくればおもしろい:文学研究の基本15講
2019年03月15日(Fri)17:11 point おすすめの書籍
小説は、わかってくればおもしろい:文学研究の基本15講
小説は、わかってくればおもしろい:文学研究の基本15講
小平 麻衣子 (著)単行本: 264ページ
出版社: 慶應義塾大学出版会 (2019/3/15)

自由に読むには、修業がいる。

テクスト分析のポイントを知る。資料を探す。
〈あなたらしく〉と〈客観的〉はレポートで両立する!

文学作品は、想像力を働かせて自由に読んでいいと思うことに慣れているので、その過程について十分な検討がなされず、読み解きは、センスによると思われがちです。
(中略)
でも、文学を読むには、確実に技術が必要です。技術というと入試のテクニックのようなものを思い浮かべがちで、こんどは自分の感じ方や生き方とどうつながっているのかわからなくなりますが、意外なことに、自由に読むためにこそ、練習が必要なものです。本書は、そうした練習を行ってみようとするものです。
(「はじめに」より)

Log 2007年04月 
2013年10月 11月 
2014年01月 02月 04月 05月 07月 10月 
2015年03月 06月 08月 11月 
2016年08月 11月 
2017年09月 10月 11月 12月 
2018年01月 06月 07月 
2019年01月 02月 03月 
2021年03月 04月 05月 11月 

一覧 / 検索
today yesterday