新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  佐藤好春と考えるキャラクターとアニメーションの描き方
2017年11月09日(Thu) point 動画・アニメ
佐藤好春と考えるキャラクターとアニメーションの描き方
佐藤好春と考えるキャラクターとアニメーションの描き方
釘宮陽一郎 (著),佐藤好春 (イラスト)
出版社: ナツメ社 (2017/11/9)

■アニメのレシピを楽しく紹介!
「ロミオの青い空」「ポリアンナ物語」「となりのトトロ」など数々の作品を作画監督として手がけた、アニメーター佐藤好春が、「アニメーションの制作」の手法や考え方をわかりやすく解説します。

■オリジナルイラストも満載!
参考資料として、佐藤好春直筆のオリジナルイラスト、キャラクター設定画、作画監督修正・原画など多数収録しました。
さらには巻頭にもカラー作品を数多く掲載しました。眺めるだけでも嬉しい作品がいっぱいです。

■アニメの制作現場もよくわかる!
アニメーションの企画書作りから完成まで、さまざまな制作工程で現場スタッフたちが奮闘する様子を、佐藤好春が描く寸劇まんがで、楽しく伝えます。


【作画者紹介】
佐藤好春(さとう・よしはる)
1958年5月15日 横浜生まれ。
「日本アニメーション」の世界名作劇場シリーズや「スタジオジブリ」劇場映画のメインスタッフとして作画監督やキャラクターデザイナーとして、数々の良質な作品を手掛ける。
ゲーム会社「タイトー」では、アートディレクターとして活躍する。
佐藤好春の描くやさしく温かみのあるキャラクターや動きは、「子供に見せる世界を作りたい」という想いから生まれている。
代表作
「となりのトトロ」作画監督/「ロミオの青い空」キャラクターデザイン、作画監督

【著者紹介】
釘宮陽一郎(くぎみや・よういちろう)
≪有限会社トラッシュスタジオ アニメプロデューサー≫
1961年神奈川県生まれ。
ゲームメーカー「タイトー」で数々のプロモーション、CM映像を制作する。
独立後、アニメーション企画制作会社「トラッシュスタジオ」を立ち上げる。
現在、「スタジオジブリ」社内で作品制作に関わりながら、アニメーションの良さを生かしたCMなどのプロモーション映像や劇場用映画の企画制作を行っている。
良質で温かみのある作品作りを目指している「二束の草鞋」のプロデユーサーである。
代表作
ガラクタ名作劇場「ラクガキ王国」宣伝プロデューサー/「フランソワ」CMシリーズプロデューサー

Log 2013年11月 
2014年03月 04月 05月 07月 08月 11月 
2015年01月 02月 05月 10月 
2016年01月 04月 06月 07月 11月 12月 
2017年02月 03月 11月 12月 
2018年04月 06月 09月 
2020年07月 09月 
2021年01月 03月 08月 
2022年02月 03月 

一覧 / 検索
today yesterday