新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  ハリウッド式映画制作の流儀
ハリウッド式映画制作の流儀 最後のコラボレーター=観客に届くまで
ハリウッド式映画制作の流儀 最後のコラボレーター=観客に届くまで
リンダ・シーガー (著), シカ・マッケンジー (翻訳)

出版社: フィルムアート社 (2020/7/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4845920018
ISBN-13: 978-4845920013
発売日: 2020/7/25

脚本がスクリーンにかかるまでのコラボレーションの過程が1冊でわかる!

アーロン・ソーキン(脚本家)、リチャード・D・ザナック(プロデューサー)、ロン・ハワード(監督)、スティーヴン・スピルバーグ(監督)、ロビン・ウィリアムズ(俳優)、メリル・ストリープ(俳優)、ラッセル・クロウ(俳優)、フェルディナンド・スカルフィオッティ(美術)、マリリン・ヴァンス(衣装)、ケン・ローストン(VFX)、ウォルター・マーチ(編集)、ハンス・ジマー(音楽)……作品を輝かせる名匠たちの言葉から、映画制作の知識と喜びを学ぼう

2000本以上の脚本に関わってきたスクリプト・コンサルタントの著者が、映画制作のあらゆる知識をまとめたのが本書。
脚本家、プロデューサー、監督、俳優、美術、撮影監督、メイク、編集、作曲家……さまざまなスタッフが関わり、映画がどのように形作られていくかが1冊でわかります。
また、出来上がった作品をどのように「最後のコラボレーター=観客」に届けるのかについても語られています。

◎目次
イントロダクション

第1章 脚本家 ドゥ・ザ・「ライト」・シング
第2章 プロデューサー 長い年月を駆け続ける
第3章 監督 ビジョンを行動に移す
第4章 俳優 「見知らぬ人々の好意が頼り」
第5章 裏方 セットを支える人々
第6章 エディター 映像を見る目
第7章 作曲家 感情を解釈する
第8章 観客 最後のコラボレーター

point  動画でわかるカット割りの教科書
2020年07月20日(Mon) point 動画・アニメ

動画でわかるカット割りの教科書
藍河 兼一 (著)
出版社 ‏ : ‎ 玄光社
発売日 ‏ : ‎ 2020/7/20

人物の行動を映像化するための撮影&編集術
動画本数235本、103の場面で解説します!

103のシチュエーションで考察したカット割りをコマ割りと動画で紹介していますので、人物の行動を映像化するために身につけたい撮影と編集のノウハウを具体的に学習できます。
235本の作例動画それぞれにQRコードが付けられていますので、それを読み取れば、スマートフォンやタブレットで直接再生することが可能です。
映像制作を勉強している方には最適な一冊です。

*本書は月刊「ビデオサロン」誌で2011年7月号から2019年11月号まで連載していた「極・ト書き一行のカット割り」を再構成したものです。

Log 2012年01月 
2013年11月 
2014年03月 04月 05月 07月 08月 11月 
2015年01月 02月 05月 10月 
2016年01月 04月 06月 07月 11月 12月 
2017年02月 03月 05月 11月 12月 
2018年04月 06月 09月 
2020年07月 09月 
2021年01月 03月 08月 
2022年02月 03月 12月 

一覧 / 検索
today yesterday