新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  人物を手早く描く基本 男性編
2018年01月31日(Wed) point 絵の描き方★デッサン
人物を手早く描く基本 男性編
人物を手早く描く基本 男性編
羽川幸一 (著),‎ 角丸つぶら (編集)
出版社: ホビージャパン (2018/1/31)

人体構造と動きのさまざまなとらえ方は、昔も今も変わらない一定のルールがある!

人を描くときに「モデルの特徴をしっかりつかみなさい」とよく言いますが、実は、これは大きな間違いなのです。
人物の味が最初から出てしまうデッサンは、リアル感に欠けたよくないデッサンです。人物を描くには一定の法則があり、上手く描くにはもっとも「単純な形体」から組み立てていくことが重要なのです。
たとえば幾何形体の円筒形を基に描き、最後の肉づけ段階でその人の個性を盛り込めばよいのです。

本書は、男性の生き生きとした動きを描くためのさまざまな方法を解説するものです。デッサンは写真トレスではありません。写真そっくりに描いても絵になりません。
そこで、理想的な体型の男性像デッサンを中心に展開し、現実にいる人物表現から簡略化されたキャラクター表現まで対応できるようにします。
そのために、「線主体のデッサン」と「調子をつけたデッサン」を使い分けて、わかりやすく解説していきます。

さらに本書は、デッサンの考え方と具体的な練習方法を解説し、目的に合ったリアルな人物像が描けるようにするため、たくさんのワザを提案します。
その方法の1つにジェスチャードローイングと呼ばれる描き方があります。3分程度で大きな形を伸びやかな線でとらえる方法で、動きのあるポーズを素早く描く練習に最適です。

●その他、本書のキーワードとして
・美しさや強さには理由がある……「リズム」がポーズの美しさを生み、動きがリアルになる。人体の動きを描いているうちにそのリズムを見つけ出そう。
・全身や腕、脚の法則……らせん構造の法則を覚えれば、見なくても描けるようになる。
・背中の法則……男は背中で魅せる。筋肉の見え方が違ってくる「背中」に注目する。
・首の法則……力強い首にするコツは首スジにある。胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)がつくるラインをとら えて、形と動きを表す。

point  デッサンの55の秘訣
2018年01月24日(Wed) point ☆アナログで描く★デッサン
デッサンの55の秘訣
デッサンの55の秘訣
バート・ドッドソン (著),‎ 田辺晴美 (翻訳)
出版社: マール社 (2018/1/24)

デッサン書の名著『デッサンの55の秘訣』が、読者の熱い要望を受け、装いを新たにマール社で復活!
55の秘訣で、あなたのものの見方が変わる! 絵が上達する!
(※ 本書は、エルテ出版/1991年初版発行の同著を、ファンが親しんだ当時の訳文をベースに、用語などを現在なじみのある表現に改訂した新装版です)

デッサンの基本とは、まず第一に対象をよく「見る」こと。
では、よく「見る」とはどういうことでしょうか?
本書では、自分の目を信じ、その信頼を補強するための方法論を、55の秘訣に基づいて段階的に学べます。
本書の方法論は、絵に自信がない方でも、また、どのようなタイプの絵にも、どのような悩みにも活用できます。

各章には、技法の習得の手助けとなる数多くの練習課題を用意しています。
また、章末には、各章の秘訣のまとめと習熟度を測るための自己批評チェックリストを収録しています。
さあ、とっておきの秘訣と好奇心を手に、デッサン上達への扉を開きましょう!

[本書の秘訣を通して学べること]
・デッサンのプロセス
・手を自由に動かして描く方法/制御して描く方法
・プロポーションの計測の仕方
・光、奥行き、テクスチャーの再現
・パターンを感じ取り、構図にまとめる方法
・想像力を刺激させて描く方法

Log 2007年03月 12月 
2013年11月 12月 
2014年01月 03月 04月 11月 12月 
2015年01月 02月 05月 06月 07月 08月 10月 
2016年04月 05月 10月 
2017年06月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 09月 
2019年02月 06月 
2020年06月 07月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 10月 12月 
2022年02月 

一覧 / 検索
today yesterday