新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  ねこを描く
ねこを描く
ねこを描く
リカ&ピズ (著), 金智恵 (翻訳)
大型本: 128ページ
出版社: マール社 (2018/9/12)

猫を愛するすべての人へ…!
絵が苦手でも、描いたことがなくても大丈夫!
プニプニした肉球やもふもふの口元など、猫の可愛いパーツの描写から始められます。
鉛筆・色鉛筆・ペン・アクリル絵の具を使って描写する際のコツも解説。
初めての方も徐々にステップアップできます。
また、著者の愛する猫たちのほほえましいエピソードも満載。
「上手くかけた絵も、失敗した絵も、すべてあなたとあなたの猫が、共に過ごした大事な記録です」(本文より)。
完璧ではなくても、"猫への思いの詰まった絵"を描くことの楽しさを発見できる本です。

point  動物デッサンテクニック: 骨格からプロポーションのとらえ方まで徹底解説
2018年09月10日(Mon)14:23 point 絵の描き方★デッサン
動物デッサンテクニック: 骨格からプロポーションのとらえ方まで徹底解説
動物デッサンテクニック: 骨格からプロポーションのとらえ方まで徹底解説
岡本 泰子 (著)
単行本: 192ページ
出版社: 誠文堂新光社 (2018/9/10)


動物の「らしさ」を表現するには実際に動物を観察するのが一番ですが、骨格や筋肉のつき方、プロポーションなどの基礎知識を理解する事で、より早く的確に形を捉えることが出来るようになります。

これは著者のもう一つの専門分野である、古生物の化石を復元する際に断片的な情報に生命の「らしさ」を吹き込む手助けとなっています。
当時の姿を「生き生きと」表現するために著者がサイエンティフィックイラストレーション(復元画)の世界で培ってきた経験をもとに、動物デッサン(スケッチ)の基礎知識や、「らしさ」を表現するために必要なテクニックを徹底解説します。

骨格を知るために博物館へ足を運び、動物園で動きをとらえる。
代表的な動物は全身骨格図、筋肉図を交えて解説。
作例として身近な動物である犬、猫、鳥などから、ハリネズミ、フクロウ、カワウソ、パンダなど近年人気の動物を始め、大型哺乳類や爬虫類など多種多様な生物を、クロッキーやスケッチ作品で収録しました。

デザイン系の学生に限らず、ペットの愛らしい姿を描きたい方、漫画家を目指す方、またはキャラクターデザインを志す方にも、必須の参考書となるでしょう。

Log 2007年03月 12月 
2013年11月 12月 
2014年01月 03月 04月 11月 12月 
2015年01月 02月 05月 06月 07月 08月 10月 
2016年04月 05月 10月 
2017年06月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 09月 
2019年02月 06月 
2020年06月 07月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 10月 12月 
2022年02月 08月 

一覧 / 検索
today yesterday