新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  文章読本 (中公文庫, よ17-15)
2020年11月25日(Wed) point 小説の書き方文章力の高め方
文章読本
文章読本
日本ペンクラブ (編集), 吉行 淳之介 (その他)
発売日 : 2020/11/25
出版社 : 中央公論新社

『文章読本』の元祖・谷崎潤一郎から安岡章太郎、金井美恵子まで、二十名の錚々たる作家による文章論を精選。
「判然明白に書く」(萩原朔太郎)、「書ける、と思い込む」(宇野千代)、「文章は削ることと見つけたり」(島尾敏雄)――大家が悩みつつ体得した、文章術の極意とは。
新たに丸谷才一・吉行淳之介「『文章読本』についての閑談」を収録。

【目次】
谷崎潤一郎●文章の上達法(谷崎潤一郎『文章読本』より抜粋)
伊藤整●谷崎潤一郎の文章(伊藤整『文章読本』より抜粋)
萩原朔太郎●僕の文章道/作文の話/詩人は散文を書け
井伏鱒二●「が」「そして」「しかし」
宇野千代●文章を書くコツ
中野重治●自分の文章
佐多稲子●わたしの文章作法
川端康成●センテンスの長短(川端康成『新文章読本』より抜粋)
三島由紀夫●質疑応答(三島由紀夫『文章読本』より抜粋)
中村真一郎●口語文の改革(中村真一郎 『文章読本』より抜粋)
野間宏●文章を書くこと
島尾敏雄●削ることが文章をつくる
小島信夫●わが精神の姿勢
安岡章太郎●感じたままに書く/自分の文章を語るのは自分の顔について語るようなものだ/文体について
吉行淳之介●「文章」と「文体」
丸谷才一●小説家と日本語(丸谷才一『文章読本』より抜粋)
野坂昭如●なじかは知らねど長々し
古井由吉●緊密で清潔な表現に
澁澤龍彦●詩を殺すということ
金井美恵子●言葉と《文体》

あとがき吉行淳之介

〈巻末付録〉
丸谷才一×吉行淳之介●『文章読本』についての閑談

point  マナーはいらない 小説の書きかた講座
2020年11月05日(Thu) point 小説の書き方
マナーはいらない 小説の書きかた講座
マナーはいらない 小説の書きかた講座
三浦 しをん (著)
発売日 : 2020/11/5
出版社 : 集英社



作家・三浦しをんが「小説」を真正面から考えた――。
「小説を書くのは自由な行い」だがしかし、「ここを踏まえると、もっと自由に文章で表現できるようになるかもだぜ!」


三浦しをんが的確かつ楽しく伝える、小説の書きかた講座。
伝説のWeb連載「小説を書くためのプチアドバイス」が、書きおろしやコラムを加え、『マナーはいらない 小説の書きかた講座』として、ついに単行本化!

長編・短編を問わず、小説を「書く人」「書きたい人」へ。
人称、構成、推敲など基本のキから、タイトルのつけ方や取材方法まで、本書タイトルにあやかって「コース仕立て」でお届けする大充実の全二十四皿。
あの作品の誕生秘話や、手書き構想メモを初公開。
もちろん(某きらめく一族への)爆笑激愛こぼれ話も満載で、全・三浦しをんファン必読の書!

Log 2011年01月 
2012年01月 05月 
2013年03月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 06月 08月 10月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2016年01月 04月 05月 09月 10月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 07月 08月 10月 12月 
2020年03月 04月 05月 06月 08月 11月 12月 
2021年02月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 03月 04月 06月 07月 

一覧 / 検索
today yesterday