新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  漫画で使えるストーリー講座100
2016年07月29日(Fri) point シナリオの書き方
漫画で使えるストーリー講座100
漫画で使えるストーリー講座100
榎本事務所 (著), 榎本 秋 (監修) 出版社: エムディエヌコーポレーション (2016/7/29)

オリジナリティを求めるすべての創作者に贈るストーリーのアイデア集。
サンプルのプロット100個を題材に、ストーリーの展開方法や長編作品にするためのヒントを解説。
プロット作成時に抜け落ちがちなポイントもフォローしています。

point  シナリオ構造論
2016年07月22日(Fri) point シナリオの書き方
シナリオ構造論
シナリオ構造論
野田高梧 (著)
出版社: フィルムアート社 (2016/7/22)

半世紀を経て待望の名著復刊。

「構造」から映画を考える、シナリオ創作の代表的入門書!

1930 年代ごろより活躍し、世界的にも名高い監督・小津安二郎の通称「小津組」の中核を担ったシナリオライター・野田高梧による、「脚本」の役割を真摯かつ実践的に説いた画期的な歴史に残る一冊。

本書は日本の脚本術の先駆けであり、1952 年の初版刊行以来、何度も版を重ね改訂されてきました。取り上げるのは40~50 年代の邦画、洋画、文学作品などですが、これらは今日においても作品づくりの「基礎」であり、「根底」を示しています。これまで数多くの脚本家、小説家の生涯の友として愛用され、名だたる人材を育ててきました。

最後に版を重ねてから16年。長らく絶版状態にあった本書の復刊を望む声は多く、今日においても脚本家、シナリオライターのみならず、あらゆる創作者にとって必携の一冊となっています。

『晩春』、『麦秋』、『秋刀魚の味』、そして『東京物語』……。
小津安二郎監督の代表作を担い、日本映画の黄金期を築いた伝説的脚本家によるシナリオ創作論です。


☆2016年7月24日に、新・雲呼荘 野田高梧記念 蓼科シナリオ研究所がオープンします!
http://www.noda-tateshina.jp/

Log 2004年01月 
2007年08月 
2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 
2015年03月 04月 06月 07月 11月 12月 
2016年04月 05月 06月 07月 09月 
2017年05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2018年07月 09月 12月 
2019年01月 02月 07月 11月 12月 
2020年12月 
2021年01月 02月 04月 05月 08月 09月 12月 
2022年02月 

一覧 / 検索
today yesterday