新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  脚本力
2022年09月28日(Wed) point シナリオの書き方

脚本力 (幻冬舎新書 666)
倉本聰 (著), 【聞き手】碓井広義 (著)
出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎 (2022/9/28)
発売日 ‏ : ‎ 2022/9/28

ドラマ史に残る名作『北の国から』『前略おふくろ様』から、老人のリアルを描いて話題となった『やすらぎの郷』まで、倉本聰はなぜ60年以上にわたり、第一線で書き続けられるのか。
「構成はおもてなし精神で」「台詞は論理的であってはいけない」「物書きに必要なのは発信力より受信力」――
本書のために書き下ろした新作『火曜日のオペラ』の企画書から完成台本までの創作過程とともに、名作を生む「手の内」をすべて明かす。
87歳の今なお毎日原稿用紙に向かう巨匠の、創造力の源泉に迫る一冊。

point  キャラクター 登場人物の本質と創作の技法


キャラクター 登場人物の本質と創作の技法
ロバート・マッキー (著), 越前敏弥 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ フィルムアート社
発売日 ‏ : ‎ 2022/9/24

アカデミー賞&エミー賞の請負人ロバート・マッキーが「キャラクターとは何か?」を徹底解明!
登場人物の本質を問い、創造力に磨きをかける。
キャラクター創作術の最新版にして決定版がついに登場。

「キャラクターは人間とはちがう。ミロのヴィーナスが生身の女性ではないのと同じように、キャラクターは実在の人間ではない。キャラクターは芸術作品である――感情を掻き立て、深い意味を持ち、記憶に刻まれる、人間の本質の隠喩である。それは作者の心の奥深くで生まれ、ストーリーの腕のなかでしっかり守られ、永遠に生きつづけるよう運命づけられている。」

Log 2004年01月 
2007年08月 
2012年02月 
2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 
2015年03月 04月 06月 07月 10月 11月 12月 
2016年04月 05月 06月 07月 09月 
2017年05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2018年07月 09月 12月 
2019年01月 02月 07月 11月 12月 
2020年12月 
2021年01月 02月 04月 05月 08月 09月 12月 
2022年02月 03月 04月 05月 07月 09月 12月 

一覧 / 検索
today yesterday