新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  サブテキストで書く脚本術 (映画の行間には何が潜んでいるのか)
2016年09月23日(Fri) point シナリオの書き方
サブテキストで書く脚本術 (映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術 (映画の行間には何が潜んでいるのか)
リンダ・シーガー (著), 坪野 圭介 (翻訳)
出版社: フィルムアート社 (2016/9/23)


〈サブテキスト〉という新たなポイントから脚本創作を指南。「見えない心情を表す」=「深みのある感情を描く」ためのメソッドを教えます。

映画脚本だけでなく、演劇、小説、マンガ、ゲームシナリオなど、すべてのストーリー創作者に役立つヒント満載。

初のサブテキスト論!

☆シド・フィールド推薦! !


─────
【サブテキストとは?】
登場人物のセリフや行動の裏に潜む、言外の意味のこと。セリフでは表されない人物の態度(感情・考え)。
また、言葉として発話されるときは、「建前」と「本音」という場合の「本音」にあたるもの。
─────

ストーリー創作に行きづまっていませんか?
・物語の中で巧みな伏線が張れない
・登場人物の感情や行動にリアリティがない
・様々な解釈ができるストーリーにできない
・奥行きのあるセリフが書けない
→そんな悩みを解く鍵は「サブテキスト」にあった!


サブテキスト=「意味の水面下にあるもの」「行間にあるもの」を充実させることで、ストーリーやキャラクターに深みを与えることができます。本書は、サブテキストの特性を解説しながら、様々なサブテキストのパターンを紹介し、キャラクターの掘り下げ方や重厚なストーリーの描き方を提示する創作術です。

具体的に映画の中でサブテキストがどう表現されていて、どのように使われているのかということを、実際の映画脚本を多く引用しながら説明しているため、分かりやすく説得力があります。
ストーリーとキャラクター造形をさらに深めるための一歩先にいく創作術!

point  脳が読みたくなるストーリーの書き方
脳が読みたくなるストーリーの書き方
脳が読みたくなるストーリーの書き方
リサ・クロン (著), 府川 由美恵 (翻訳)
出版社: フィルムアート社 (2016/9/23)

“心"ではなく、読者の“脳"を刺激せよ!

テーマ、キャラクター、プロットの組み立て方を脳科学の観点から指南!
脳科学、神経科学、認知心理学……ゆるぎない事実に基づく、物語創作の新しい実践ガイド。

☆デイヴィッド・イーグルマン(脳神経科学者)推薦!


脳はストーリーをどう認識するのか? そして、どのようなストーリーに夢中になるのか?
面白いストーリーは、私たちの意識を常に集中させ、他のことに気をそらせない。つまり、ストーリーを書くうえで重要なポイントとは、「次に何が起こるか知りたい」という脳の欲求を常に引き出し続けることである。それが欠落していたら、どんな美しいメタファーも魅力的なキャラクターも、読者を満足させることはできないのだ。

小説、映画脚本、短編などの実例を参考にしながら、脳を満足させるためのストーリーの書き方を指南する。人間の“認知的無意識"が明らかにする、物語創作の実践ガイド。

─────
○まさか、こんな“神話"を信じて創作していませんか……?
「美しい文章は何にもまさる」
「物語で最も大事なのはプロット」
「登場人物を知る唯一の方法は、完全な経歴を書き上げること」
「感覚的な詳細描写は物語を生き生きとさせる」
「種明かしのためには、情報を伏せておくことが読者を引き込む秘訣だ」

本書ではこのような神話を退治し、脳(=読者)を魅了する物語の姿をお見せします。
─────

Log 2004年01月 
2007年08月 
2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 
2015年03月 04月 06月 07月 11月 12月 
2016年04月 05月 06月 07月 09月 
2017年05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2018年07月 09月 12月 
2019年01月 02月 07月 11月 12月 
2020年12月 
2021年01月 02月 04月 05月 08月 09月 12月 
2022年02月 

一覧 / 検索
today yesterday