新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  創作トレーニング ストーリー世界の作り方
ストーリー世界の作り方 (創作トレーニング)
ストーリー世界の作り方 (創作トレーニング)
野村 カイリ (著)
出版社: 新紀元社 (2014/8/30)

★大好評「創作トレーニング」シリーズ第二弾!
ストーリー世界作りの目的はあくまでもストーリーを作ることです。それを直接にではなく、世界作りというワンクッションを置くことで、たやすく、できればスイスイとストーリーを作れるようにしたい、…という訳です。
虫のよいことを…と思いもしますが、ことさら「ストーリー世界」にこだわるのは、世界のほうが姿やカタチをイメージしやすいからです。一方のストーリーはというと、メモや箱書きを用いたとしても、姿のない、頭の中の作業と言えます。ならばイメージしやすい世界作りのトレーニングをすることで、ストーリー作りに役立てれば? そのほうがずっと分かりやすく、やりやすいのでは? 勝手ながら、そう考えることにしたのです。────(本書より)


1 ストーリー世界の役割
ストーリー世界とは何か
ストーリー世界を先に作る
ストーリー世界が果たす役割
世界は舞台を提供する
世界は背景を提供する
世界はストーリーを進行させる
世界はストーリーを印象づける
世界を作ればストーリーが出来上がる

2 ストーリー世界はこんな世界
どんな世界があるのか
世界に「あるべきの」と「あってはいけないもの」
カタチの「あるもの」と「ないもの」

3 世界を作る前に世界を知れ
想像世界は現実から作られる
世界を知るにはどうするか
世界の体系

4 世界の中の空間と存在と時間
世界を作る3 大元素
空間はただの空きではない
空間の広がりと構造
しっくりとくる空間を作れ
自然と人工の存在
自然界にある世界の材料と部品
時間の種類
距離より所要時間
空間に歴史あり
そのレイアウトには理由がある
空間は描いて把握する

5 世界を作る
世界の核を作る
特徴を元に作る
大嘘をついて作る
憧れと怖れで作る
相反するもので作る
世界を多層的に捉えて作る
世界を包括的に捉えて作る
存在を対置させて世界を作る
足して引いて世界を作る
本拠を作る
町を作る
道路で町を作る
モデルから世界を作る

6 世界作りの手順
アイデアをマッピングする

付録 自然が作る世界
極地/北極と北極圏/南極大陸/氷河/赤道地帯/高地と低地/山地/高山/地球と宇宙の間/地球に一番近い宇宙(地球の衛星軌道)/月世界/宇宙の植民地/宇宙の構造/地球の地下世界/洞窟/鍾乳洞/鉱山/大陸/島嶼/陸地/海/深海/気候による世界の特徴

あとがき この素晴らしき世界



関連書
ストーリーの作り方 (創作トレーニング)
ストーリーの作り方 (創作トレーニング)

point  おもしろいゲームシナリオの作り方 ―41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック
おもしろいゲームシナリオの作り方 ―41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック (GAME/DEV/LAB)
おもしろいゲームシナリオの作り方 ―41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック (GAME/DEV/LAB)
出版社: オライリージャパン (2014/8/26)

シナリオライター/プランナー/ディレクター必携。
歴代の人気ゲーム41作品の事例を通して、ゲームシナリオの企画構成テクニックを学べる実用書。
ゲームには、どのようなストーリーが最適か? ストーリーに分岐を入れるべきか? どのようなエンディングにするか? そもそもエンディングは必要か? といった、ストーリー作りの疑問に答えます。
魅力的なキャラクターの作り方、感情移入のさせ方、制作コストの注意点など、「ゲームをおもしろくするシナリオ作り」の秘訣を徹底解説。
巻末付録には、北米ゲーマーの本音がわかるアンケート調査データを収録。
第一線でシナリオ制作中のプロにとっても、クリエイターのタマゴにとっても、必読の一冊です。

Log 2004年01月 
2007年08月 
2012年02月 
2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 
2015年03月 04月 06月 07月 10月 11月 12月 
2016年04月 05月 06月 07月 09月 
2017年05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2018年07月 09月 12月 
2019年01月 02月 07月 11月 12月 
2020年12月 
2021年01月 02月 04月 05月 08月 09月 12月 
2022年02月 03月 04月 05月 

一覧 / 検索
today yesterday