スポンサードリンク
新着 - DL Ranking - ワードランキング - お薦め - 人気 - お気に入り「お気に入り」の使い方 - 利用規約 - ここはナニ? - 更新記録 - 掲示板

ホーム >
検索結果(検索ワード:2011年12月12日 / 検索条件:and)

スポンサーリンク

【賑町笑劇場は、管理者が趣味で撮影した風景写真や、必要に迫られて作ったWeb用画像素材を公開している「個人サイト」です】
このサイトについて

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除]

は撮影者お気に入り、 はご利用頻度【高】です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合には [管理者に連絡] のリンク先のフォームからお知らせください。
検索にかかった時間:0.057秒

  1 - 33 ( 33 件中 ) 
ローズクオーツのハート。別窓

ローズクオーツのハート。
登録:
2011/12/12(Mon) 18:06
更新:
2012/01/15(Sun) 18:18
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
紅水晶をハート型に研磨した鑑賞石。
ぷっくりとしたハート型のカービングストーン。
ちょっとクラック多目なので、ハートブレイクな感じもするかも。
ローズクォーツ(薔薇水晶・紅水晶・紅石英)は、不純物として混入している微量のチタン、鉄、マンガンなどによってピンク色を発色した水晶のこと。
アフロディテ(ビーナス)女神の石とされる。
石言葉:愛を伝える・平和・美・調和・自己愛・恋愛
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:38
更新:
2012/01/21(Sat) 13:41
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
データ更新日 2011/12/10 23:09:12
皆既月蝕の月。殆ど地球の影の中、の赤い月。
回りに点々と見える物は星。
月はオリオン座の上、牡牛座の角の中辺りにあったので、多分牡牛座を構成する星々かと。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:03
更新:
2016/07/01(Fri) 21:57
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
殆ど「皆既」の状態。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
シトリンの結晶。別窓

シトリンの結晶。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:56
更新:
2011/12/12(Mon) 16:56
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ナチュラルな(「合成でない」の意ですが)シトリンのポイント原石をペンダントヘッドに加工したモノ。
濃いめのオレンジ色。チェーンは金色。
バックは白水晶のサザレタンブル。
黄水晶(シトリン:citrine)は、ケイ素を置換した微量の鉄イオンにより、黄色を発色した水晶。
シトリントパーズとも(ただし意図的な誤称)
11月の誕生石の一つ。
石言葉は:夢追い・社交性・生きる意欲・自信・表現力・豊かな感受性、など。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:02
更新:
2011/12/12(Mon) 16:02
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
殆ど「皆既」の状態。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
ブラックオニキスのリング別窓

ブラックオニキスのリング
登録:
2011/12/12(Mon) 17:27
更新:
2011/12/12(Mon) 17:27
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
黒瑪瑙をリング状にカットした指輪。
ブラックオニキス(black onyx)は玉髄の一種。
本来は「蛋白石、石英、玉髄が層状に形成され、縞模様ができているモノ」がメノウ(アゲート/オニキス)で、縞がないモノは玉髄(カルセドニー)、と分類される。
それ故、現在流通している「真っ黒なブラックオニキス」は、厳密には「ブラックカルセドニー」だったりする。
ブラックオニキスの石言葉は「宗教的思案」
寒空。別窓

寒空。
登録:
2011/12/12(Mon) 15:55
更新:
2011/12/12(Mon) 15:55
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
初冬の曇り空。
唐辛子の花を見上げる別窓

唐辛子の花を見上げる
登録:
2011/12/12(Mon) 15:54
更新:
2011/12/12(Mon) 15:54
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
うつむいて咲くとうがらしの花を下から。
唐辛子(チリペッパー)はナス科トウガラシ属の多年草。
(日本などの寒い地域では一年草扱い)
実を食用(野菜、香辛料)、観賞用に用いる。
花言葉:旧友・雅味・嫉妬・生命力、など。
黄水晶のビーズ別窓

黄水晶のビーズ
登録:
2011/12/12(Mon) 16:49
更新:
2011/12/12(Mon) 16:49
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ナチュラルな(「合成でない」の意ですが)シトリンの丸玉ビーズ。
太陽のような暖かいオレンジ色。
バックは白水晶のサザレタンブル。
黄水晶(シトリン:citrine)は、ケイ素を置換した微量の鉄イオンにより、黄色を発色した水晶。
シトリントパーズとも(ただし意図的な誤称)
11月の誕生石の一つ。
石言葉は:夢追い・社交性・生きる意欲・自信・表現力・豊かな感受性、など。
水晶の中にダイヤのハート別窓

水晶の中にダイヤのハート
登録:
2011/12/12(Mon) 18:01
更新:
2011/12/12(Mon) 18:01
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ダイヤモンドの代用石として最もポピュラーな「キュービックジルコニア(CZ)」をハートカットにて、縦爪で固定したペンダントヘッド。
枠は銀色。
背景は水晶サザレタンブル。
キュービックジルコニア(立方晶ジルコニア)とは、ジルコニア(二酸化ジルコニウム)にイットリウム、カルシウム、マグネシウム、ハフニウムなどを4〜15%程度添加した安定化ジルコニア。
モース硬度が8から8.5、屈折率がダイヤと同程度なので、その代用石として宝飾用途に用いられる。
天然鉱石(宝石)のジルコンとは別物。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:35
更新:
2011/12/12(Mon) 16:35
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
撮影日時 2011:12:10 23:08:07
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。もう殆ど地球の影の中。
回りに点々と見える物は星。
月はオリオン座の上、牡牛座の角の中辺りにあったので、多分牡牛座を構成する星々かと。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
赤瑪瑙の指輪別窓

赤瑪瑙の指輪
登録:
2011/12/12(Mon) 17:39
更新:
2011/12/12(Mon) 17:39
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
赤いメノウをリング状にカットした指輪。
(薄く縞模様見えるので、一応「歴としたアゲート」。ただ、縞がはっきりしないので、赤玉髄“レッドカルセドニー乃至はカーネリアン”と呼んだ方がよさげ)
メノウは玉髄の一種。鉱物的には石英の仲間。
本来は「蛋白石、石英、玉髄が層状に形成され、縞模様ができているモノ」がメノウ(アゲート/オニキス)で、縞がないモノは玉髄(カルセドニー)、と分類される。
それ故、現在流通している「真っ赤な赤瑪瑙」は、厳密には「赤玉髄」だったりする。
(ちなみに、カーネリアン(紅玉髄)は、真っ赤というよりはオレンジ系の発色)
赤(橙)と白の縞模様のあるメノウは「赤縞瑪瑙/サードニクス(サードオニキス)」と呼ばれ、8月の誕生石の一つとされている。
カーネリアンの石言葉は「深い友情・希望・勇気・剛毅」など
サードニキスの石言葉は「和合・博愛・夫婦の幸福・情熱・威厳」など
赤鉄鉱の指輪別窓

赤鉄鉱の指輪
登録:
2011/12/12(Mon) 17:19
更新:
2011/12/12(Mon) 17:19
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ヘマタイトをリング状にカットした指輪。
赤鉄鉱(ヘマタイト、米: hematite、英: haematite)は、酸化鉄(III)(Fe2O3)の鉱物。
英名はラテン語の「血のように赤い石」が語源。
(これを直訳した「血石」の別名もある)
擦る・擂り潰すと赤色の顔料となることから血や生命力と関連づけられ、ギリシア神話の闘神マルス(マーズ)の石とされた。
重要な「鉄鉱石」の一種。
美しいモノは「ブラックダイヤモンド」の異名を取るなどして、アクセサリなどに加工される。
石言葉:勝利に導く・勝ち取る・内に秘めた燃える思い
水晶の中にダイヤのハート(拡大&トリミング)別窓

水晶の中にダイヤのハート(拡大&トリミング)
登録:
2011/12/12(Mon) 17:49
更新:
2014/01/22(Wed) 15:11
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
若干ピンぼけ。
ダイヤモンドの代用石として最もポピュラーな「キュービックジルコニア(CZ)」をハートカットにしたペンダントヘッド。
の拡大図。
シトリンの結晶。別窓

シトリンの結晶。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:53
更新:
2011/12/12(Mon) 16:54
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ナチュラルな(「合成でない」の意ですが)シトリンのポイント原石をペンダントヘッドに加工したモノ。
濃いめのオレンジ色。チェーンは金色。
バックは白水晶のサザレタンブル。
ピントは原石の先端部分当たり。
黄水晶(シトリン:citrine)は、ケイ素を置換した微量の鉄イオンにより、黄色を発色した水晶。
シトリントパーズとも(ただし意図的な誤称)
11月の誕生石の一つ。
石言葉は:夢追い・社交性・生きる意欲・自信・表現力・豊かな感受性、など。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:28
更新:
2011/12/12(Mon) 16:28
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
データ更新日 2011/12/10 22:56:44
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
フラッシュを焚いて撮影。
カメラのフラッシュ如きが「被写体・月」に届くわけはなく、またそれを望んでの事でもなく。
つまりは、カメラのコンピュータ君に「フラッシュ焚くからシャッタースピードは速くて良い」と思わせる(?)手段であったのでして。
結果として「明るい部分」のみのデータが残され、三日月にしか見えない物になった、と。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
ラピスラズリの丸玉ビーズ別窓

ラピスラズリの丸玉ビーズ
登録:
2011/12/12(Mon) 17:13
更新:
2011/12/12(Mon) 17:13
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
若干カルサイト分が多いラピスラズリの丸玉ビーズ。
青地にパイライトの金の星が散る。
ラピスラズリ(lapis lazuli) は
方ソーダ石グループの鉱物を主成分とする岩石で、複数の鉱物の混合物。主成分は青金石(ラズライト)で、方ソーダ石(ソーダライト)・藍方石(アウィン/アウイナイト)・黝方石(ノゼアン)などが加わった類質同像の固溶体。
方解石(白い筋)、黄鉄鉱(金色の斑点)が混入することもある。
12月の誕生石の一つ。
和名は瑠璃(琉璃)。
石言葉は、尊厳・崇高・独立
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:06
更新:
2011/12/12(Mon) 16:06
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
撮影日時 2011:12:10 22:38:50
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
半分が赤く、暗く。
半分は白く、明るく。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
水晶の中にダイヤのハート別窓

水晶の中にダイヤのハート
登録:
2011/12/12(Mon) 18:02
更新:
2011/12/12(Mon) 18:02
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ダイヤモンドの代用石として最もポピュラーな「キュービックジルコニア(CZ)」をハートカットにて、縦爪で固定したペンダントヘッド。
枠は銀色。
背景は水晶サザレタンブル。
キュービックジルコニア(立方晶ジルコニア)とは、ジルコニア(二酸化ジルコニウム)にイットリウム、カルシウム、マグネシウム、ハフニウムなどを4〜15%程度添加した安定化ジルコニア。
モース硬度が8から8.5、屈折率がダイヤと同程度なので、その代用石として宝飾用途に用いられる。
天然鉱石(宝石)のジルコンとは別物。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:08
更新:
2011/12/12(Mon) 16:08
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
撮影日時 2011:12:10 22:56:04
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
2/5程度は赤く、暗く。
残りは白く、明るく。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
水晶玉。別窓

水晶玉。
登録:
2011/12/12(Mon) 17:02
更新:
2011/12/12(Mon) 17:02
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
半透明の石英の珠。
表面に虹色の輝き。
ミルキークオーツやスノークオーツよりはずっと透明だけど、ロッククリスタルと呼ぶにはちと透明度が足りぬ。
石英(せきえい、quartz、クォーツ)は二酸化ケイ素 (SiO2) が結晶してできた鉱物。
無色透明なものが水晶(すいしょう、英: rock crystal、ロッククリスタル)と呼び慣わされている。
古名は玻璃。
4月の誕生石の一つ。日本の国石(かつて日本が良質な水晶を多く産出していた為)
石言葉は「完璧・冷静沈着・神秘的・浄化」など。
唐辛子の花を見上げる別窓

唐辛子の花を見上げる
登録:
2011/12/12(Mon) 15:50
更新:
2011/12/12(Mon) 15:50
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
うつむいて咲くとうがらしの花を下から。
唐辛子(チリペッパー)はナス科トウガラシ属の多年草。
(日本などの寒い地域では一年草扱い)
実を食用(野菜、香辛料)、観賞用に用いる。
花言葉:旧友・雅味・嫉妬・生命力、など。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:23
更新:
2011/12/12(Mon) 16:23
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
データ更新日 2011/12/10 22:56:28
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
回りに点々と見える物は星。
月はオリオン座の上、牡牛座の角の中辺りにあったので、多分牡牛座を構成する星々かと。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
ラピスラズリの丸玉ビーズ別窓

ラピスラズリの丸玉ビーズ
登録:
2011/12/12(Mon) 17:09
更新:
2011/12/12(Mon) 17:11
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
若干カルサイト分が多いラピスラズリの丸玉ビーズ。
青地にパイライトの金の星が散る。
ラピスラズリ(lapis lazuli) は
方ソーダ石グループの鉱物を主成分とする岩石で、複数の鉱物の混合物。主成分は青金石(ラズライト)で、方ソーダ石(ソーダライト)・藍方石(アウィン/アウイナイト)・黝方石(ノゼアン)などが加わった類質同像の固溶体。
方解石(白い筋)、黄鉄鉱(金色の斑点)が混入することもある。
12月の誕生石の一つ。
和名は瑠璃(琉璃)。
石言葉は、尊厳・崇高・独立
水晶の中にダイヤのハート(拡大&トリミング)別窓

水晶の中にダイヤのハート(拡大&トリミング)
登録:
2011/12/12(Mon) 17:57
更新:
2011/12/12(Mon) 17:57
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
若干ピンぼけ。
ダイヤモンドの代用石として最もポピュラーな「キュービックジルコニア(CZ)」をハートカットにしたペンダントヘッド。
の拡大図。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:02
更新:
2011/12/12(Mon) 16:02
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
大分蝕が進んでいる。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:00
更新:
2011/12/12(Mon) 16:00
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
半分ほど蝕が進んでいる状態。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:04
更新:
2011/12/12(Mon) 16:04
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
殆ど「皆既」の状態。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:10
更新:
2011/12/12(Mon) 16:10
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
撮影日時 2011:12:10 22:56:18
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
1/5程度は赤く、暗く。
残りは白く、明るく。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:30
更新:
2011/12/12(Mon) 16:30
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
データ更新日 2011/12/10 23:06:56
皆既月蝕の夜、欠けかけの月。
このカメラではこれが精一杯で御座るよ。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:01
更新:
2011/12/12(Mon) 16:01
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
大分蝕が進んでいる。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
シトリンのビーズ別窓

シトリンのビーズ
登録:
2011/12/12(Mon) 16:50
更新:
2011/12/12(Mon) 16:50
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
ナチュラルな(「合成でない」の意ですが)シトリンの丸玉ビーズ。
太陽のような暖かいオレンジ色。
バックは白水晶のサザレタンブル。
黄水晶(シトリン:citrine)は、ケイ素を置換した微量の鉄イオンにより、黄色を発色した水晶。
シトリントパーズとも(ただし意図的な誤称)
11月の誕生石の一つ。
石言葉は:夢追い・社交性・生きる意欲・自信・表現力・豊かな感受性、など。
2011年12月10日の夜。別窓

2011年12月10日の夜。
登録:
2011/12/12(Mon) 16:01
更新:
2011/12/12(Mon) 16:01
[お気に入り追加]
[リンク切れ連絡]管理者専用
[]
(拡大トリミング色調整)
皆既月食(月蝕)の途中経過。
大分蝕が進んでいる。
月食(月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のこと。満月のときに起こる。
皆既月食でも通常は、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見える。
これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため。
スポンサーリンク
初めての自費出版 をお考えの方へ
「幻冬舎グループの自費出版」
どこまでも著者に寄り添う幻冬舎がみなさまの 大切な本作りをサポートします!
▼自費出版は初めてという方が大半です!
あなたの思いを伝える一冊をプロの編集者が丁寧にお手伝いします
  1 - 33 ( 33 件中 ) 
【その他のカテゴリ】[↑ページTOPへ]
史跡・観光地 景観 建物・構造物
交通機関 公園・広場 自然 撮影時の空模様など。
夜景 スポーツ運動施設 風景その他
草木 樹木 その他の植物 動物写真
飲食関連写真 小物・アイテム写真 天然石・宝石 その他の写真
季節・行事写真 加工済み写真 ドット・イラスト系 オリジナルキャラクター

ホーム
fx

- Yomi-Search Ver4.21 -