更新日記 RSS配信中
オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
【ご注意】
この日記もどきは長期間書き続けられておりますため、過去ログ記事中にはリンク切れが多数発生しております。
なにとぞご容赦下さいませ。
••• category •••
 スポンサードリンク


 藤内穂高さま @Knight_Shoee から、孫武さんのイラストを頂戴しました! 2020年11月26日(木)21:42 自作小説の話題
まずはノベルアップ+で公開させていただいております。


 《PR》【無料】年賀状素材「イラストAC」【そろそろそういう季節なので】 2020年11月18日(水) メモ的な記事
無料イラスト素材【イラストAC】


商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないイラスト素材サイト「イラストAC」

 【こんな夢を見た】 2020年11月13日(金) 自作小説の話題
パジャマの袖をまくったら、両腕に無数のひっかき傷があった。
何事かと思っていると、布団の中から銀鯖虎の猫が顔を出した。

ああ、あの子が私の手首にしがみつき、指の付け根を甘噛みしながら、後足で盛んに腕を蹴っていたのだろう。

猫は、ぴったり閉めてある掃き出し窓から、するりと外へ飛び出した。

あの子がいなければ、私は君に腕の傷跡の理由を説明できない。
私は布団を押しのけ飛び起きて、掃き出し窓をすり抜けて、ピンと立った縞模様の尻尾を追いかける。

猫は北へ向かって走ってゆく。
山の裾野に建つビルディングの灰色の壁が見えた頃、私は銀鯖虎を見失った。

山を切り削った崖の際とギリギリの、ビルとの隙間を小さな影が走って行く。
私は影を追いかけて、人間一人がやっと通れるほどの細い覆道《ロックシェッド》へ飛び込んだ。

覆道《ロックシェッド》はコンクリートの打ちっぱなしで、明かりも窓も色もない。
細くて狭いその道は、進めば進むほどに天井は低くなり、両方の壁は逼って来る。
私は身をかがめ、膝を折り、両手を地面に付き、ゆっくり進んでいった。
膝も掌も肩も腰も頭も、打ちっぱなしのコンクリートにこすれて、ヒリヒリとい痛んだ。

進んで進んで進んだ末に、どうにも先に進めなくなった時、私の目の前に現れたのは、打ちっぱなしのコンクリートの、硬くて冷たい灰色の壁だった。

後ろに下がるより他に道はない。
私は身をよじり、ねじ曲げながら、四つに這って尻から進んだ。

後ずさるほどに徐々に両の壁は離れ、天井は上がってゆく。
私の手は地面から離れ、膝は伸ばされ、頭は持ち上がった。

私は振り向いた。
長四角い光の中に、尻尾の上がった猫の影が見えた。

私は走った。
走って、覆道《ロックシェッド》を抜けた。
追いかけて、追いついて、捕まえた。

うつ伏した私の両腕には、灰色の枕が抱えられている。

捲れ上がったパジャマの袖の下の腕には、傷一つ無ない。


……そんな夢を見た。


http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/no/

 【ノベルアップ+】エッセイらしき物「しばしば詠唱される、布団の中の者を台所へ召喚する呪文」 2020年11月11日(水) 自作小説の話題
カロリー?
塩分摂取量?
コレステロール?
知るか、そんな物!

腹が減ったなら、台所へ行かねばならぬのだ。
たとえ魔獣オフトォンの腹の中からであっても!

というわけで、今日も何か食べます。

そんな感じの食エッセイめいたもの、

しばしば詠唱される、布団の中の者を台所へ召喚する呪文

は、ノベプラオンリーで公開中です。
https://novelup.plus/story/598302336

 【こんな夢を見た】 2020年10月31日(土) 自作小説の話題
 何かとても大変なことがあったらしい。
 それが何なのか解らないのだけれど。

 何かとても大変なことがあったらしい。
 私は一人きりでそこにいた。
 帰りたいと願って、そこに立っていた。

 私の服は土埃にまみれて、あちらこちらが裂けている。
 靴下はなく、靴もない。足指が、地面を掴んでいた。

 町は破壊され、道は寸断されている。
 そんな中、鉄路はどうやら動いているらしい。

 何かとても大変なことがあったらしくてひび割れた道路を、私は駅へ向かって歩いた。
 見知った建物は壊れ、新しい建物が建ちつつあり、景色は一変していて、つまりは、行くべき道筋がさっぱり解らない。
 行き交う人の顔は疲れて、私の見たことのない人相ばかりで、表情はうつろで、つまりは、ここがどこだかさっぱり解らない。

 私は本当に故郷に帰れるのだろうか。

 どれだけ歩いたか解らない。どれだけ人に尋ねたか解らない。どれだけ答えを貰えなかったか解らない。
 それでもどうにか駅舎につながっているという建物を見付けた。

 中に入ってみると、外の破壊が信じられないほどに明るく、美しく、活気に満ちていた。
 その場所にだけ、生き生きとした人々が集まっている。
 
「駅舎への連絡通路は二階だ」

 と言った誰かの後に付いて行く。

 静かに動くエスカレーターに、私は裸足で乗った。
 筋状の金属が足の裏に冷たく食い込んだ。
 紺色の制服を着た、愛らしい『エスカレーターガール』が飛んできて、私に言う。

「裸足はいけません。巻き込まれて怪我をします。早く降りてください」

 目の前のステップが床の中に吸い込まれてゆく。
 私は到着したフロアの、磨かれててらてら光るリノリウムの上へ飛び移った。

 困り顔をしている『エスカレーターガール』に、私は訊ねた。

「駅はどこですか」

「そこになければ、ないでしょう」

 彼女が掌で指し示す方へ、私は歩いて行った。

 連絡通路の先の閉まった両開きドアを開けると、そこには田舎道があった。
 鐘の鳴る踏切の傍らに、道祖神とだけ彫り込まれた、大きな石が転がっている。

 茶色い電車が走って行く先に、確かに駅はあった。
 トタンの波板の屋根を支える木の柱にホーローの駅名表示が打ち付けられた、古い、古い駅舎。

『次の電車に乗れば、間に合うかも知れない』

 裸足の足の裏に、小石やタイルの欠片や、燃えさしの木の枝を食い込ませながら、私は少しだけ早足で駅に向かった。
 行く先の解らない電車に飛び乗るために。

……そんな夢を見た。

http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/no/

 「書籍化したい。」Tシャツ作りました(オンデマですが) 2020年10月20日(火) none
fbe3870f-311f-4b5a-9e87-a5045f701fef_base_resized.jpg 1024×1024 66K
羂縻堂謹製「書籍化したい。」Tシャツ | zenisawa
https://zenisawa.booth.pm/items/2405112

「私は自分の作品を商業書籍にして世に広めたいのです」
と主張するのに最適な、手書き筆文字Tシャツです。

羂縻堂は「ワナビどう」と読んでくださいまし。

LOG 200612 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201301 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 05 06 07 08 09 10 12 
201701 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12 
201801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
202001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 

オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
••• 日記内検索 •••
recent entries
••• calendar •••
2020年 11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

vin->
••• Contact •••
pixiv

••• SHARE •••
• かんたん相互リンク •
かんたん相互リンク
かんたんに作れる相互リンク集、かんたん相互リンクのお申込みはこちら

かんたん相互リンク
••• Ranking •••
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へブログ検索サーチ
••• About Us •••
 ●このサイトについて
 ●リンク集
 ┣about link
 ┣200*40pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
 (縮小/クリックで等倍)
 ┗88*31pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
Thanks
あわせて読みたいブログパーツ
••• thanks •••
Nicky!: diary CGI
Shi-dow: shi-painter
WonderCatStudio: dynamic palette
Promised Land: skin
非公式マニュアル : tips
賑町: icons
RSSアイコン:RSSicon
さくらインターネット :hosting
Caretaker Only