更新日記 RSS配信中
オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
【ご注意】
この日記もどきは長期間書き続けられておりますため、過去ログ記事中にはリンク切れが多数発生しております。
なにとぞご容赦下さいませ。
••• category •••
 スポンサードリンク


 クレール 光の伝説「幻惑の【聖杯の3】」のリンク切れを修正しました。 2014年09月26日(金) 自作小説の話題
クレール 光の伝説の総合メニューページから「幻惑の【聖杯の3】」メニューページへのリンクが間違っておりましたので、修正をいたしました。

 はたして「携帯用ページ」は必要なのか? 2014年09月20日(土) 自作小説の話題モバイル向け更新
いままで「小説HTMLの小人さん」さんの「携帯用小説分割CGI【β版】 pnovel」を利用して、携帯端末向けページを作成していたのですが、
このスクリプトがどうやらさくらサーバーと相性が悪い様子であることが判明致しました。
(「小説HTMLの小人さん」さんのデモページも巧く動いていないので、おそらくそうであろうと推測)

そこで急遽別のスクリプトを探したのですが、どうもしっくり来るモノが無く……。
(PCページを携帯向けシンプルページに変換する「pc2m」は、配布元サイトが消滅していて、本体以外に必要な外部スクリプトっぽいモノが手に入らなかったのであきらめた)

こうなったら一から構築した方が早い気がしてきたので、まろやかCGIさんの「まろやか連載小説」を入れ込んで、携帯向けページとして利用することにいたしました。

(「携帯用」でない方のレイアウトは、スキンを少し変えて「スマートフォンでも見られるかな風」ページとしてみました。テスト環境がないので動作確認はできておりませんが)

というわけで、モバイルページはこちらです。

で、表題の件。

ウチのサイトのフィーチャーフォン用ページの需要ってありますか?

 【再掲】「アルファポリス『第7回ファンタジー小説大賞』」開催中 2014年09月10日(水) 自作小説の話題日記的な記事
当方は以下の作品でエントリーしております。
なにとぞよしなに。
タイトル順位
2014/9/10現在
作品URL
フツウな日々601.http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/gensou/school_days/
のざらし600.http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/gensou/gensou/nozarasi00.html
-ねくろすおーにら-552.http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/no/
岩長姫 退魔記551.http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/gensou/gensou/iwanaga/
クレール 外伝 レオン・クミン記491.http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/gensou/cb/Leon/
お姫様舞踏会外伝 舞殿の【女帝】435.http://jhnet.sakura.ne.jp/butou/novel/
クレール 光の伝説400http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/gensou/cb/

 クレールシリーズ再開? 2014年09月09日(火) 自作小説の話題
クレール 光の伝説」シリーズ【銭王《ドゥニエ・デ・ロワ》】の「1」をアップしました。
 柔らかい腐葉土に、人間を上から押しつけたような形の『穴』が開いている。
 そしてその中に、身体の前半分を地面にめり込ませた人間が、ぴったり填っている。

不定期連載になります。

 [日本独立作家同盟]さんに登録申請をしました。 2014年09月07日(日) 自作小説の話題日記的な記事
「日本独立作家同盟」さんに登録申請をしました。
http://www.allianceindependentauthors.jp/

そのためだけにGoogle+をいじってみたわけで。

……よし、判らん!(放棄)

 【こんな夢を見た】 2014年09月01日(月) 自作小説の話題
Νεκρός Όνειρα-ねくろすおーにら-に一編を追加。

高い椰子の木を見上げていた。
濃い緑色の葉が傘のように開いているその頂点に、明らかにその木の枝葉ではない、黄緑色の小さな木の葉の群れが茂っていた。
「アレは何だろう」
疑問を口に出すと、椰子の向かいの家の家主に招かれた。
三階の小窓から見ると、あの椰子を見下ろすことができるのだという。

畳敷きの天井の低い部屋の、出窓風な小さな窓を開けると、確かに椰子の木を見下ろすことができた。
椰子は隣家のブロック塀の際の灰色い道ばたから、真っ直ぐ生えていた。
まるで、電柱を見下ろしている気分だった。

椰子の葉の傘の上に「生えて」いたのは人参と苣だった。
厳密に言えば、椰子の木の上に拭かれた板張りの脇に据えられたプランターに人参と苣が「生えて」いたのだ。

五十糎四方ほどの板張りの上には、二羽の茶色い兎がいた。
どうやらつがいらしい。
ひくひくと鼻を動かし、ひょこひょこと狭い板の上を動き回り、もぐもぐと人参の葉を食べている。

「あの子達はどうやってあそこに?」
私が尋ねると、家主は首を捻った。
「さてねぇ。最初からいましたから」
「あの葉っぱが無くなったらどうなるのですか?」
疑問が溢れて止まらない。
「さてねぇ。最初から生えていたから」
「あの子達に子供が生まれたら、どうなるでしょう?」
不安がよぎる。
「さてねぇ。板の上が兎であふれかえるかも知れないねぇ」
「もし、子兎があふれて、落ちたら?」
胸騒ぎが止まらない。
「さてねぇ。たぶん数が減るんでしょうねぇ」

兎たちはひくひくと鼻を動かし、ひょこひょこと狭い板の上を動き回り、もぐもぐと苣の葉を食べていた。


……そんな夢を見た。

 【性懲りもなく】「アルファポリス『第7回ファンタジー小説大賞』」にエントリーしました【底辺爆走】 2014年09月01日(月) 自作小説の話題
上位の方のポイント数を見たら、私のような底辺者などは「こりゃ絶対に無理でしょ」とスタート直後にリタイヤ宣言したくなること請け合いの「アルファポリス『第7回ファンタジー小説大賞』」が開催されております。
(毎度、前ふりが長くて後ろ向き過ぎますが)

参加作品は以下の通りとなります。
  1. 「嫌だぞ、俺は」「すぐ目と鼻の先に宮殿があるという所まで出向いておいて、何故急にそのようなわがままをおっしゃるんですか?」
    「冗談じゃねぇや。こんなだまし討ちみたいな目に遭わされて」
  2.  君の書くモノに出てくるような、田舎の御城の奥の間から文を一通送って、世の中の流れをがらりと変えてしまうような、あるいは何人何十人かの命をいとも容易く消してしまうような、そんな恐ろしい御方などというものは、実際にはいません。
  3. 「クミン殿、『嬢』は、止めていただきたい。そのようには、呼ばれ馴れていないのですよ。ですから、ガイアと呼び捨ててくださって結構」「で……では、ガイア……」
    「はい」
  4. 「気をつけろ、気をつけろ、あの女に気をつけろ」「どの女だ? 何に気をつける?」
    「おお、聞け。聞いてくれ。あの恐ろしい女の事を。俺の話を」
  5. ああカシノキ先生、申し訳ありません。わざわざお運び下さいまして、ありがとうございます。本当ならこちらから伺った方がよろしいのでしょうけれど、こうねついてしまいますと、動くに動けませんものですから。
  6. 〔人身御供〕いけにえとして神に供えられる人。 犠牲となる人。夜中。龍はあわてて辞書を閉じた。
    いけにえとか犠牲とかいう言葉に、「命をなくす」と言う意味があることを、彼はつい最近読んだ漫画で知っていた。
  7. 「前に言ったじゃろう、ワシの乳兄妹の桜女じゃ」「ほう、あれが……」
    「愛らしかろう?」
    「うん、確かに」
    「あれは、ワシの嫁じゃ」
    「嫁ぇ!?」
    「武藤家の跡目は協丸に譲るが、桜女だけは譲らんぞ」
    「それは……譲られても困る」
  8. 【こんな夢を見た】
    風呂蓋を開けると、一番風呂のまっさらな湯の水面に一匹の小蟲が浮かんでいた。
    長さ三cmほどもある、御器噛の幼虫だ。
    手桶ですくい取って捨てた。
各ページにございます、アルファポリスさんの黄色いバナーをクリックして頂きますと、投票用ページに移動致します。
※投票には、アルファポリスへのユーザー登録(無料)が必要となります。
なにとぞ、よしなに。

LOG 200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 11 12 
201001 02 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 04 05 06 07 09 10 11 12 
201201 02 03 05 06 07 09 10 11 12 
201301 02 03 04 06 08 09 10 11 12 
201404 06 08 09 10 11 12 
201501 02 03 05 06 07 08 09 10 12 
201602 03 06 09 10 12 
201701 02 03 05 10 11 12 
201801 02 03 04 05 07 09 10 11 12 
201901 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12 
202002 

オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
••• 日記内検索 •••
recent entries
••• calendar •••
2014年 9月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

<-neo / vin->
••• Contact •••
pixiv

• かんたん相互リンク •
かんたん相互リンク
かんたんに作れる相互リンク集、かんたん相互リンクのお申込みはこちら

かんたん相互リンク
••• Ranking •••
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へブログ検索サーチ
••• About Us •••
 ●このサイトについて
 ●リンク集
 ┣about link
 ┣200*40pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
 (縮小/クリックで等倍)
 ┗88*31pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
Thanks
あわせて読みたいブログパーツ
••• thanks •••
Nicky!: diary CGI
Shi-dow: shi-painter
WonderCatStudio: dynamic palette
Promised Land: skin
非公式マニュアル : tips
賑町: icons
RSSアイコン:RSSicon
さくらインターネット :hosting
Caretaker Only