更新日記 RSS配信中
オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
【ご注意】
この日記もどきは長期間書き続けられておりますため、過去ログ記事中にはリンク切れが多数発生しております。
なにとぞご容赦下さいませ。
 メモ:待てあわてるなこれは孔明の罠だ 2014年06月14日(土) 歴史関連書籍系
待てあわてるなこれは孔明の罠だ
待てあわてるなこれは孔明の罠だ
原 寅彦 (著), 横山 光輝 (イラスト)
出版社: 宝島社 (2014/6/18)

1971年の連載開始から現在に至るまで、幅広い年齢層に長きにわたって愛されてきた、横山光輝氏の漫画『三国志』。
その不朽の名作から、これぞ三国志という名場面・名言と「横山三国志」ならではの魅力あふれるカットを200シーン厳選して解説した、 ファン待望の一冊ができました。
著者は、異例のヒットとなった『三国志』のLINEスタンプを企画し、ネット界で一躍話題の人となった原寅彦氏。
氏いわく、
「シンプルでありながらインパクトのある絵に、絶妙な台詞回し。
コマ一つで前後の文脈がわからなくても面白いのが横山三国志の魅力」
本書は原作を知らない人でも楽しめ、三国志のあらすじまでわかります。
横山光輝氏生誕80周年の記念日が発売日です。

 「画像を使わずにハートを表示する方法」のページが重たい気がしたので、一部分離。 2014年06月13日(金) 日記的なメモ的な
「画像を使わずにハートを表示する方法」のページが重たい気がしたので、一部分離。

❤とか♚とかは→ http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/cb/note/character_reference.html

♈とか☾とかは→ http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/cb/note/character_reference2.html

なお、環境によっては正しく表示されない文字もあります。

 卜部兼良、四度び 2014年06月11日(水) 歴史関連
徒然草 第五十八段

人の心すなほならねば、偽りなきにしもあらず。されども、おのづから正直の人、などかなからん。己すなほならねど、人の賢を見て羨むは尋常なり。至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む。「大きなる利を得んがために、少しきの利を受けず、偽り飾りて名を立てんとす」と謗る。己が心に違へるによりて、この嘲りをなすにて知りぬ、この人は下愚の性移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、仮にも賢を学ぶべからず。

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。驥を学ぶは驥の類ひ、舜を学ぶは舜の徒なり。偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。




超訳

人の心なんてモノはフクザツだから、間違いや嘘がないたぁ言い切れねぇ。
……まあ、たまーにぁ本当に真っ正直なのもいるがね。
ともかく、人間はたいてい素直じゃないわけで、「良い奴」を見りゃぁ、羨ましく思って当然だわな。
ところがどうしようもない莫迦は、偶然「良い奴」を見たりすると、そいつを恨んだりする。
そういう莫迦に限って、
「あいつがちょっとした利益を受け取らないようにしてるのは、それ以上にでっかい利益をふんだくろうと考えているからにちがいない。偽善者だ、売名行為だ!」
てなネガティブキャンペーンを張りやがる。
相手の考え方がてめぇの浅知恵と違ってるもんだからこういう莫迦をやらかすわけだ。
莫迦は死んでも治らねぇな。こういう奴は、他人様騙して小銭をちょろまかす悪知恵ばかりに夢中になって、ホントの智恵を学ぼうとしない。

「狂人の真似だ」なんてふかして走り回る奴はつまるところ狂人だ。
「悪人の真似だ」とぬかして人を殺す奴は本物の悪人だ。
一日に千里を駆ける名馬「驥」を真似る馬は、同様の駿馬だ。
古代の名君「舜」を真似るヤツは、舜の仲間だ。
嘘でも偽善でも、あるいは嫌々であっても、「良い奴」の真似をするヤツは、「良い奴」なんだよ。


※注
 神光寺的兼好法師には、
 遊び人から僧侶にクラスチェンジしたような、
 達観したエロオヤジ

 という捏造設定があります。
 (本当は神職の家系出身の宮仕えで、
  エリートコース驀進中の30代で突然出家したんだそうですが)

関連エントリー
卜部兼良
卜部兼良、再び。
卜部兼良、三度び

文中の「狂人」をどう訳すのか、悩み所。
「アホの真似してケツだして走るヤツはマジモンのアホ」にしようかと思ったけど、なんか違う気がしたので、ここんとこだけ割と直訳で。

そもそも吉田兼好が生きた時代の「狂人」に対する感覚と、現在の精神疾患とか発達障害・知的障害に感覚は違うから……。

 【投票をお願いします】アルファポリス「第5回ドリーム小説大賞」にエントリーしました。 2014年06月07日(土) 小説関連日記的な歴史関連
アルファポリス「第5回ドリーム小説大賞」開催中です。

当方では、以下の作品にてエントリーしております。
子壇嶺城戦記
http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/history/sanada/komayumi/
第一次上田合戦直後。地侍・杉原四郎兵衛が子壇嶺の古城に立てこもった。 彼らの始末を命じられた真田信幸は、歩兵を引き連れてかの古城に向かった。

私文三國志
http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/history/sangoku/
後漢末期から晋前半ぐらいまでの、いわゆる「三国時代」の中国を舞台とした小品集。5話。 書き手が「蜀派」であるため、内容は偏りがち。

以上二作品となります。

各作品ページに投票用のバナーがございますので、
お手持ちの投票権に余裕がございましたら、
愚作に一票お投じいただければ幸いでございます。
よろしくお願い致します。

小懸 ―真田源三郎の休日―は、冊子とはいえ、一応「本」の形にしたので、今回参加を見送りました。

 卜部兼良、三度び 2014年06月02日(月) 歴史関連
徒然草 第百六十七段

一道に携はる人、あらぬ道の筵に臨みて、「あはれ、我が道ならましかば、かくよそに見侍らじものを」と言ひ、心にも思へる事、常のことなれど、よに悪く覚ゆるなり。知らぬ道の羨ましく覚えば、「あな羨まし。などか習はざりけん」と言ひてありなん。我が智を取り出でて人に争ふは、角ある物の、角を傾け、牙ある物の、牙を咬み出だす類なり。

人としては、善に伐らず、物と争はざるを徳とす。他に勝ることのあるは、大きなる失なり。品の高さにても、才芸のすぐれたるにても、先祖の誉にても、人に勝れりと思へる人は、たとひ言葉に出でてこそ言はねども、内心にそこばくの咎あり。慎みて、これを忘るべし。痴にも見え、人にも言ひ消たれ、禍をも招くは、たゞ、この慢心なり。

一道にもまことに長じぬる人は、自ら、明らかにその非を知る故に、志常に満たずして、終に、物に伐る事なし。



超訳

他業種懇親会かなんかに出てヒトサマの仕事を見聞きした時に「けっ、俺だったらもっと巧いことやるぜ」みてぇに独りごちる「その道のプロ」がよくいやがるが、ありゃみっともねぇことこの上ねぇな。
自分ができねぇことをやってるのが羨ましいてンなら、「畜生、何で俺はこの素晴らしい技術を学ぼうとしなかったんだー!!」ぐらいに云っときゃいい。
てめぇの「専門知識」をひけらかしてヒトサマと引き比べようってのは、盛った鹿の角突きか闘犬の無駄吠え程度のものさ。

できた人間は、てめぇの技量をひけらかしたり、無駄にヒトサマと張り合ったりしねぇよ。
「他人より優れた所」てぇのは、場合によっちゃぁ欠点でさえある。
氏素性が良いだの、学歴が高ぇだの、「創業者であるお爺さまはそれはもう立派な方でした」だの、そういうことで「だから俺様は偉い」ってぇ思っているような奴ぁ、例えだんまり決め込んだって、腹ン中の「ご自慢」が腐って、嫌ぁな臭いをプンプンさせるんだからな。
そこンとこをよぉく考えて、そんなもんはすっぱり忘れっちまえ。
傍からはアホだと思われ、陰口叩かれ、結局痛ぇ思いをするのは、てめぇ自身のそーゆーところが原因なんだからさ。

マジモンのプロってぇのは自分の欠点もよく判ってて、常に上を目指すことを忘れねぇから、無駄に威張ったりしねぇんだよ。

※注
 神光寺的兼好法師には、
 遊び人から僧侶にクラスチェンジしたような、
 達観したエロオヤジ

 という捏造設定があります。
 (本当は神職の家系出身の宮仕えで、
  エリートコース驀進中の30代で突然出家したんだそうですが)

関連エントリー
卜部兼良
卜部兼良、再び。

LOG 200612 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201301 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 05 06 07 08 09 10 12 
201701 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12 
201801 02 03 04 

オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新記録&中の人の覚え書き
• スポンサーリンク •
••• calendar •••
2014年 6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

<-neo / vin->
• かんたん相互リンク •
かんたん相互リンク
かんたんに作れる相互リンク集、かんたん相互リンクのお申込みはこちら

かんたん相互リンク
••• category •••
••• 日記内検索 •••
••• Contact •••
twitter
pixiv

••• Ranking •••
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へブログ検索サーチ
recent entries
••• About Us •••
 ●このサイトについて
 ●リンク集
 ┣about link
 ┣200*40pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
 (縮小/クリックで等倍)
 ┗88*31pixelバナー
 オリジナル小説・写真素材「お姫様倶楽部Petit」の更新日記
Thanks
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ
••• thanks •••
Nicky!: diary CGI
Shi-dow: shi-painter
WonderCatStudio: dynamic palette
Promised Land: skin
非公式マニュアル : tips
賑町: icons
RSSアイコン:RSSicon
さくらインターネット :hosting
Caretaker Only