新・ぴあすねっと書房 RSS1.0

point top point TitleList point 旧データベース point
新刊情報
point  職業としての小説家
2016年09月28日(Wed) point 創作全般お役立ち


職業としての小説家 (新潮文庫)
村上 春樹 (著)
出版社 ‏ : ‎ 新潮社
発売日 ‏ : ‎ 2016/9/28



いま、村上春樹が語り始める――小説家は寛容な人種なのか……。
村上さんは小説家になった頃を振り返り、文学賞について、オリジナリティーについて深く考えます。
さて、何を書けばいいのか? どんな人物を登場させようか? 誰のために書くのか? と問いかけ、時間を味方につけて長編小説を書くこと、小説とはどこまでも個人的でフィジカルな営みなのだと具体的に語ります。
小説が翻訳され、海外へ出て行って新しいフロンティアを切り拓いた体験、学校について思うこと、故・河合隼雄先生との出会いや物語論など、この本には小説家村上春樹の生きる姿勢、アイデンティティーの在り処がすべて刻印されています。
生き生きと、真摯に誠実に――。

point  フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。
 フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。
フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。
肥沼 和之 (著)

出版社: 実務教育出版 (2016/9/23)

◆カネなしコネなし実績なしが年収800万円に一変した狹ソい當脅汰法!


著者は、29歳になる年にフリーライターとして独立したものの、当初は仕事をするうえでの方法論を何一つ知らなかった。
周囲にそれを教えてくれる人も存在しなかった。
そうした中、とにかく泥臭く行動することで人と繋がり、仕事を得、失敗をしながらも成果をあげ、安定した収入を得られるようになった。
本書は、そんな著者が学んだ、フリーライターとして稼いでいくためのノウハウを体系的にまとめた一冊である。


【内容構成】
第1章 ライターが活躍できる場はこんなにある
第2章 コネも実績も無いなら作ればいい
第3章 日本一敷居の低い倏笋蟾み瓩里笋衒
第4章 スクールだけじゃない、ライターの学び場
第5章 文章が上手くなるたった一つの方法
第6章 成功率9割超えの取材交渉術とインタビューの極意
第7章 編集者から引っ張りだこになる企画の作り方
第8章 ライターで食うには泥臭い精神論も必要だ

Log 2012年04月 
2013年06月 09月 10月 11月 
2014年01月 02月 03月 04月 06月 11月 
2015年01月 02月 05月 06月 10月 11月 12月 
2016年09月 
2017年03月 05月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 05月 06月 08月 11月 
2019年01月 03月 07月 09月 11月 12月 
2020年01月 02月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 04月 05月 07月 

一覧 / 検索
today yesterday